餃子の包み方

皮の上に、平たく具をのせます。
当社では、1個につき10gの具を入れてます。
(ちなみに皮1枚は約4gなので、1個14gになります)
慣れないうちは、具が軟いと上手に包めないので、冷蔵庫で冷やして硬くしてから、少しづつ出して包むとよいでしょう。

手前4、向こう6ぐらいの割合で折り曲げます
右ききの人は、右から包み始めるので、具
もなるべく右側にのせたほうが良いでしょう。
(包んでいくうちに、だんだん、具が押されてはみだしてきますので)
水は使わずに、具の水分で皮をくっつけますので、具を少しつまむようにしてください。

右端を押さえた(くっつけた)ところです。

向こう側の皮を、手前にくっつけていきます。

これで、出来上がりです。
さっ、これであなたも餃子名人に

*包んで食べ切れなかった餃子は冷凍保存後、なるべく1ケ月以内にお食べください。

中華工房  おいしいレシピ

購入
ページ

当店で餃子セットを買ったけど、うまく包めないという方、ここを見て上手に包んで下さい。
大勢でワイワイやりながら包むと楽しいですよ。