つけ麺


麺は九州産小麦(ちくごいずみ)をふんだんに使用することで
つるつる、もちもちの食感と小麦の風味豊かな麺ができました。
無着色なので、少し黒いですがこれが本来の小麦の色です。
つけだれは鰹シ原食品製、
動物系・魚介系のWスープの醤油つけだれかピリカラの坦々つけだれの2種類のどちらかを選んでください。
ざるそばの様な感覚で、まずは麺だけ食べて小麦の風味を・・・
その後はつけ汁につけてお楽しみ下さい。

中華工房  おいしいレシピ

1.たっぷりのお湯(最低でも1玉2L)に麺を
  入れ茹でます。
  茹で時間  ひやもり  約6分
          あつもり  約5分
2.茹で上がったら、ザルにあげ流水でよく洗い
  ぬめりをとり皿にもります。
  *あつもりの場合は、再度麺をお湯にさっと
   とおして皿にもります。

3.つけだれを150ccの熱湯で溶きます。

4.麺をつけだれにつけてお召し上がりください。
  *お好みで焼豚・メンマ・味玉等を添えて
   下さい。
ピリカラの(坦々ツケ)のつけだれの場合 あっごまラー油を少量つけ汁に入れるとより一層
おいしくなります。

麺を食べ終えた後、つけだれが残ったら、
お湯を50ccほど入れ薄め、カボスを絞りいれスープ割りに
または、ごはんを入れてごはん割りにしてお楽しみ下さい。